日本一周中だよ!只今北海道です!

【埼玉県美里町】を巡る旅。ブルーベリーと絶景麦畑の町

埼玉県美里町でマジックアワーを待つ麦畑

 

 

こんにちは(。・ω・。)

 

ショウです!

 

こんかいは埼玉県にある美里町

僕の地元の隣町なのですが、行ったことはほとんどありません。

 

なぜなら何もない町だと思っていたから!

失礼なこと言ってすいません。

 

今から弁解していきます。笑

 

 

それでは早速いきましょう!

 

謎に包まれた美里町を巡っていきたいと思います!

 

 

 

埼玉県児玉郡美里町

 

私の地元の深谷市の隣町、埼玉県の北西部に位置するのが、埼玉県美里町

 

美しい里と書いて美里町。

まず名前が素晴らしいです。

 

どんな町かというと、

山、田んぼ、畑、住居、自然

って感じです。笑

 

こんな感じ

 

美里町の街並み

 

美里町の風景

 

ブルーベリーと梅が有名なようで、梅の木は結構みかけました。

もう梅が落ちてしまっていたけれど

埼玉県美里町の有名な梅

 

梅が特産品ならば梅酒でも作ればいいのになと思いました。

余計なお世話ですね。えぇ。

 

 

ブルーベリーもこのような感じで旗が掲げられていました。

ブルーベリーは純粋に食べたい。

ジャムを作りましょう。えぇ。

 

美里町のブルーベリー

 

 

他にも芸術的な折れた木の中で咲き誇る紫陽花を見つけました。

 

もっといい構図あったなと見返してから後悔。もったいないことした。

 

芸術的な紫陽花

 

 

そんな美里町では美里町定住促進奨励金といって、美里町に定住するために住宅取得される方を対象に最大50万円を交付する制度を行っています。

美里町でも人口減少を食い止めるプロジェクトが行われていました

詳しくは知りたい方はこちらからどうぞ。

梅酒やブルーベリージャムに命をかけたい人もどうぞ。

 

美里町公式ウェブサイト

 



 

 

 

猪俣の百八燈

 

最初に向かったのが、国指定重要無形民俗文化財に登録されている『猪俣の百八燈』

 

猪俣とは平安~鎌倉時代に大きな勢力を持っていた頭領の名前です。

 

猪俣の百八燈の説明図

 

毎年8月15日に行われる「美里夏まつり花火大会」の打ち上げ場所でもあり、百八の塚に火を燈し幻想的な光景が見れることで有名です。花火は約5000発打ち上げられ迫力満点。

 

ですが、今年2018年の美里夏まつり花火大会は中止と発表されていました。

 

昨近の財政難から花火大会を中止するといったケースが多くなっていると、よくニュース等で耳にしていましたが、こんな身近な場所で花火大会が中止になっているなんて。仕方のないことですが非常に残念です。

 

 

猪俣の百八燈は国道沿いにあるのでアクセス良くもちろん無料で行くことができます。

入口の坂はとてつもなく急です。

危険です。

 

美里町にある急な坂道

 

 

 

 

坂を登りきると駐車場も完備されており、野原のようなとても開けた場所で気持ちいい。

ここで昼寝しようかと思ったくらい。

 

ただ野原なのでアブやバッタ、てんとう虫などの虫がたくさんいました。

 

猪俣の百八燈の綺麗な野原

 

 

ハチもいたので注意しなければなりません。

 

家を作っていたのか、引越ししたところなのかはわかりませんが危険です。

屋根チェック、毛虫チェックは怠らないようにしないとなと思いました。笑

 

 

 

そしてこれが、百八燈です。

一列に奥の山まで続いています。

 

絶景の猪俣の百八燈

国指定の史跡猪俣の百八燈

 

 

この百八燈の上に火を灯しているので、その痕跡が見えました。

良く崩壊しないなと触ってみたら、カチンコチンでした。

補強等しているようには見えなかったので、この技術を使えば家が作れるのではないか?とか考えちゃいました。

 

歴史を感じられる猪俣の百八燈

 

 

 

松久駅

 

次に訪れたのが、美里町唯一の駅である無人駅の松久駅。

この松久駅に何故訪れたかと言うと、日本一小さな駅?ではないかという情報を耳にしたので行ってみることにしました。

 

 

日本一小さな駅で無人駅?

人なんていないんだろうなと思って行ってみると、

朝だったからか、普通に人はチラホラいました。

 

学生や会社員の方、駐輪場にはそれなりに自転車は置かれていましたし、車もそこそこ止まっていました。

なんか予想外。

 

そして一番予想外だったのが、駅です。逆光でうまく撮れませんでした。

 

埼玉県美里町の松久駅

 

 

あれ?

これまた違う駅来てしまった?

普通の駅に見えてしまったのは私だけではないでしょう。

 

聞いてみると駅舎は2012年に新しくなり、既存の駅と直結させる形で「松久駅前情報館」を建設したようで、私が駅だと思っていたのは、駅ではなく「松久駅情報館」だったのです。

 

なんで駅と重なるようにして情報館あるのよ。笑

そんなの知らないってー。

 

 

中に入って見れば良かったと恐ろしく後悔しています。

 

 

 

松久駅の話に戻ると、駅はこの情報館の裏にあるんだとか。

ショックです。

 

 

日本一小さな駅と言われている噂は、もしかしたら駅舎だけ見たら可能性は低いですがあるかもわかりません。

 

たぶんもっと田舎にはもっと小さな駅があると思うので何とも言えません。笑

 

そして駅前にあったサイクリングコースや観光スポットの案内図です

そしてまたもや朝日がやばくて見づらくてすいません。

美里町のサイクリング案内図

 

 

次回のブログになりますが、ここに記されている上級者コースを初心者の僕が行って見たら、、、

地獄を見ました。

 

乞うご期待!

 




 

北向神社

 

マジックアワーを待っているときにたまたま見つけた北向神社。

綺麗な田んぼや麦畑の中にひっそりとありました。

なんと、私なんかでも知っているあの坂上田村麻呂が創建したとされる神社です。

 

埼玉県美里町にある北向神社

 

当時、大蛇が村を荒らし人々を苦しめ住み着いていたときに、坂上田村麻呂が大蛇を退治したと言われています。

 

なんて素晴らしき優しい人なのでしょう。イケメン

 

争いが耐えない世の中なのに、優しい世界。

ゴッド田村麻呂(n‘∀‘)η

 

 

坂上田村麻呂はこの他にも4ヶ所に北向きにお祀りした為、北向神社と称されるようになりました。

この全5ヶ所に祀られた北向神社を総称して五社の明神と呼んでいます。

名前がもうかっこいい!

 

ご祈祷もできる北向神社

 

そして掲示板に書かれていたのですが、氏子の人々によって鎮守の森が保護され、自然環境を大切にしてお祀りされています。と書かれていました。

 

だからこのような小さな山の様な中にあるのでしょう。

素晴らしいことです。

 

裏から森の中に行ける感じもありましたが、虫がいそうなのでやめました。

虫嫌いだもん。

 

北向神社の自然

 

そしてこんな小さな神社にも関わらず、綺麗に整備されており、御朱印やお祓い、ご祈祷も行なっています。

 

ですが、駐車場から北向神社まで30メートルくらいなのですが、ひとつ道を間違えると人の家に行ってしまいますので注意してください。

 

私は思いっきり人の敷地内に入って行ってしまいました。笑

 

 

 

絶景!黄金色に輝く麦畑

 

最後は、見渡す限り、麦、麦、麦!

 

どんだけ先まで麦畑があるのかと。

 

絶景の埼玉県美里町の麦畑

 

これを見ていたら本当に金麦が飲みたくなる不思議。

こうして麦を作ってくれる農家さんがいるから美味しい食事ができるんだなと改めて感じる景色でした。

 

それではまた次のブログでお会いしましょう(ヾ(´・ω・`)

 

埼玉県美里町でマジックアワーを待つ麦畑

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です