日本一周中だよ!只今北海道です!

【モンベルのチャレンジ支援プログラム】に応募し協賛をいただきました

 

 

こんにちわ!

 

ショウです(。◕‿◕。)

 

この度、モンベルグループ様から今回の旅の支援をしていただけるということで、協賛をいただきました!!!

 

やったー!本当にありがたいです。

 

 

モンベルとは

 

まず、モンベルってなんぞや?って方もいるかと思いますので、どんな会社なのか簡単に説明していこうと思います。

 

 

 

1975年8月1日、辰野勇氏により、世界で愛される登山用具やアウトドアグッズの開発を目指して、大阪市西区立売堀に会社設立。

 

現在では、

・株式会社モンベル

・株式会社ベルカディア

・株式会社北陸モンベル

・株式会社ネイチュアエンタープライズ

・モンベルアメリカ・インク

・モンベルスイスSA

から成るモンベルグループになりました。

 

アウトドア用品の製造、卸、販売、イベント運営企画、保険業などを手がける総合グループです。

アウトドア用品とかほぼ買ったことのない人でも、なんか名前は聞いたことあるなぁ、って人も多いと思います。

実際私がそうでした。笑

 

そんな大きなモンベルグループなのですが

自然保護活動や、社会福祉活動、野外体験・環境学習、災害支援活動等、社会活動の取り組みに力をいれているように感じられます。

東日本大震災の時には、創業者であり、現モンベルグループ代表の辰野勇氏自ら被災地に出向き、被災者の方々の家に支援物資を届けていたのがとても印象的です。

何かの動画で拝見しました。

 

そのモンベルグループが行っている社会活動の中に、チャレンジ支援という活動があります。

 

 

モンベル チャレンジ支援プログラム

 

“辺境・未踏の地へ、それぞれの夢を抱いて多くの人たちが冒険・探検の旅へと出かけていきます。モンベルはその目的達成をサポートするプログラムを提供しています。

「チャレンジ支援プログラム」は、モンベルクラブ・ファンドを原資とし、冒険・探検活動、自然保護活動、社会福祉、野外教育、地域貢献など、自然と関わりがあり、社会的貢献度の高いさまざまな取り組みを支援するプログラムです。活動に必要な装備を特別価格で提供するほか、とくに社会性が高いと認められる活動には資金・商品の提供も行います。”

モンベル公式サイト チャレンジ支援より

 

 

ということで、たまたまこの活動を目にしてしまった私は、素直にすげえー《゚Д゚》こんなことがあるん?って思いました。

 

旅の活動に必要な装備を特別価格で提供、特に社会性が高ければ資金、商品を支援していただけるなんて、なんて寛大な企業様なんだ!

 

これは!これは!まじで応募するしかない(n‘∀‘)η

って思いました。

思ってから資料を完成させるまで2ヶ月くらいかかったんだけどね。笑

 

応募資格もない。誰でも応募できます。国籍も関係ないから、世界中の誰でも応募できるってこと。素晴らしいです。

ただ公募期間があって、資金、商品提供による支援は、活動開始の大体4ヶ月くらい前に応募しておかなければいけません。

特別価格販売による支援は、最低1ヶ月前までに応募をしなければいけません。

 

応募はモンベル公式サイトから応募用紙がダウンロードできるので、応募容姿に必要事項等を書き込みます。

プリントして手書きで書き込んでも、エクセルで入力しても大丈夫です。

ちなみに私は手書きです。

字下手なのに|゚Д゚)))笑



 

応募資料を完成させる

 

まずは採用されなければ意味がない。

モンベルのサイトに支援された方、団体の名前が書かれているので、ざっと見ていくと、1年間で約40前後の個人、団体を支援していました。

多いのか少ないのかは、応募数は記されていないのでわかりません。

 

ポイントはモンベル公式サイトにも記載されているように、

冒険・探検活動、自然保護活動、社会福祉、野外教育、地域貢献など、自然と関わりがあり、社会的貢献度の高い取り組みであることです。

 

自分が計画している旅が、如何に誰かのために、何かのためになるか?ってことだと私は思います。

 

いまの時代とりあえず、旅いきたい!世界一周したい!とか思う人も少なくないと思います。

 

思ったときに突っ走る!旅する理由なんて知らん!旅したいからするんだ!

私は全然いいと思います。何も考えないで突っ走るのもそれはそれでいい経験になるのかな?って思います。

 

でもせっかく旅するなら、なんでもいいから目標とか夢みたいじゃん!

意味のある旅にしたいじゃん!笑

 

改めて自分の旅でなにができるか?ってことを考えることは大切なことだと感じました。

なんでもいいんよ。馬鹿みたいなことだって、笑われるようなことだって。

 

今回私は、旅に行く目的は最初から定まっていました。

 

でも、改めて考えていくと、こんなこともできるんじゃないかな?とかあんなこともできるんじゃないかな?とか、いろんなアイデアがたくさん浮かんできました。

 

でも一番の目的は何かということ。

一番じゃなくても3つあれば、3つでいいですよ。

 

それを軸において、そこからどう社会貢献につなげていくか。みたいに考えればいいのではないかなと思います。

 

私は思いが強すぎてというか、やりたいことがありすぎて

活動内容は400文字程度に簡潔にまとめてください。など、指定があるのですが

この指定された文字数にまとめることがどうしてもできなくて、

すごいがんばってまとめても700文字とか、、、

 

簡潔にまとめる作業に何日費やしたことか。笑

 

 

次に収支予算計画書

これの作成にも少し戸惑いました。

 

なんでかって、収支と支出を書かなければならないのです。

難しく考えすぎたのかな?

 

そもそも収支予算計画書なんて書いたことないし、勘定科目とかちゃんとしなきゃだよなって思って、、、

収支予算計画書の書き方を調べるのが大変でしたヽ(;▽;)ノ

 

でも先輩方のブログとかを見ると、みんなそんなの書けないよ!こんな感じでいいの?

みたいなことが書いてあったから、自信を持ってかける人は会計士くらいでしょう。笑

 

何にいくらかかるのか?金額をしっかり抑えて伝わるように書けば、そこまで神経質にならなくて大丈夫だと思います。

 

あとは過去の活動がわかる資料を必ずではありませんが、自分で作成して提出します。

これは言ったら自己PRのようなものですね。

これまで何か実績があれば、信頼に繋がりますね。

 

例えば、1キロも走った事のない人が、今から1ヶ月後までに走って日本一周完走したいんです。支援してください。

って言われたら、

え、大丈夫か?

って思いますよね。

 

でもマラソン選手が同じこと言ったら、どう思いますか?

できるかもしれない!って思いますよね。

 

でも実績のない人なんてたくさんいます。私自信、今回の旅に行く上での実績なんて何もありません。

だから書くことがなかったんです。ちょっと不安にもなりました。

だけどなにか書こうと思って、

実績以外にあと信頼を得る方法ってなんだろうと考えたときにでてきた答えは、

気持ち

気持ちです。笑

 

さっきも例に出したように、1キロも走った事のない人が、

今から1ヶ月後までに走って日本一周完走したいんです。支援してください。

って言ってきたとします。

 

その後に、

どうしても日本一周完走したい理由があるんです。必ず、絶対に日本一周完走します。

って言われたら、理由や熱意によっては、信頼を得られるはずです。

そんなわけで私は実績がないので、今回の活動に至るまでの経緯を自分の経歴と交えて資料にしました。

 

これこれこういう理由で、こうゆうことがしたいんです。みたいな。



 

審査結果

 

そして応募から4、5日後に連絡が来ました。電話をでると審査の結果、支援致します。とのこと。

まさかこんなに早く連絡がくるとは思っていなかったのでびっくりしました。

それから、詳細の連絡のやりとりを数回重ね、今日は商品の購入に向かいます。

 

私は残された時間がなかったので特別価格での販売に応募しました。

商品は17点くらい申し込みしました。めっちゃ多い。笑

 

それでも支援してくださったモンベル様には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

何か新しいことに挑戦することは、不安や恐怖は付き物だと思います。

もちろん資金も必要になると思います。

 

でも本当にそれがやりたいのであれば、諦めないこと。自分を信じること。

 

こんな私でもモンベル様から支援をいただけたのです。

 

 

このブログをたまたま見てくれた人も、

何かやり残したことがあったり、やりたいことがあるのならば、諦めないでください。

 

やらないで後悔するより、やって後悔したほうが私はいいと思うし、

挑戦することに意味があるのだと思います。

 

それではまた商品の紹介はまた後日させていただきまーすヽ(・∀・)ノ

これから大切に使っていきたいと思います。

 

モンベル様

この度はありがとうございました。

私を担当してくださいましたモンベル広報部の長井様も

ご丁寧にありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です