日本一周中だよ!只今北海道です!

【長岡花火大会】人生で1度は見たい日本一の泣ける花火大会

長岡花火大会 人生で一度は見たい花火

 

 

 

こんにちはヽ(・∀・)ノ

 

 

今回は待ちに待った!

 

長岡花火大会についてお話していこうと思います!

 

ちなみに僕は2年連続参加です。

 

今年も感動の花火を見ることができました!

 



長岡花火大会の歴史

 

長岡花火大会は新潟県の長岡市の信濃川沿いで毎年8月2日、3日に行われる花火大会です。

 

8月1日には、オープニングセレモニーとして

ライブやダンス、パレード、5400名の踊り手が会場を盛り上げます。

 

 

そしてなんで僕がこんなにも長岡花火大会をおすすめしているのか?

 

そもそもの長岡で花火大会が行なわれるようになった歴史から紐解いていきましょう!

 

長岡まつり花火大会の歴史

 

 

長岡花火公式ウェブサイトにはこう明記されています。

 

毎年華やかに繰り広げられる「長岡まつり」

その起源は、長岡の歴史に刻み込まれた、

最も痛ましい、あの夏の日に発しています。

今から73年前の昭和20年8月1日。

その夜、闇の空におびただしい数の黒い影

―B29大型爆撃機が来襲し、

午後10時30分から1時間40分もの間にわたって市街地を爆撃。

旧市街地の8割が焼け野原と変貌し、

燃え盛る炎の中に1,486名の尊い命が失われました。

 

見渡す限りが悪夢のような惨状。

言い尽くしがたい悲しみと憤りに打ち震える人々。

そんな折、空襲から1年後の21年8月1日に開催されたのが、

長岡まつりの前身である「長岡復興祭」です。

この祭によって長岡市民は心を慰められ、

励まされ、固く手を取り合いながら、

不撓不屈の精神でまちの復興に臨んだのでした。

※「長岡花火」公式ウェブサイト>>長岡まつりに想いを込めて

 

 

公式サイトにも書いてある通り長岡花火大会の背景には、

戦争で亡くなられた方や街の復興に尽力した先人への感謝

平和への願いが込められています。

 

こういった背景を知った上で多くの人に見てほしいなと思います。





 

日本三大花火大会

 

日本で開催される花火大会の中でも、規模の大きさや歴史、打ち上げ数などから

日本三大花火大会呼ばれるようになった3つの花火大会があります。

 

日本三大花火大会
  • 長岡まつり大花火大会 (新潟県)
  • 土浦全国花火競技大会 (茨城件)
  • 全国花火競技大会「大曲の花火」 (秋田県)

 

土浦、大曲の花火大会には全国花火競技大会と名前がついています。

 

これは文字からわかる通り、花火の全国大会です。

全国の花火師さんたちがこの日のために

何ヶ月、1年かけて造り上げるそれはとても素晴らしい芸術的な花火を見ることができます。

 

花火自体のレベルを見ると長岡より土浦、大曲の技術レベルは上のようです。

 

長岡まつり花火大会 日本三大花火大会

 

しかし!

長岡の花火大会は技術ではない、心に訴えかけてくるものがあります。

 

上記で述べたように、長岡の花火大会は悲しい歴史の中で生まれた花火です。

技術を競う大会ではないのです。

 

誰もが感動すること間違いなしです!

自然と涙がこみ上げてきます。

 

私はみなさんに言いたいです。

長岡の花火大会は絶対に1度は見たほうがいい!!!





 

座席や交通期間、通行止め情報

 

長岡まつり花火大会を見る上での注意点があります。

それは座席です!

 

座席はめっちゃ大切!

同じ河川敷と言っても綺麗に見える場所や、見づらい場所があります。

もちろん良い席は有料席になってしまうのですが、無料席、フリーエリアもあります。

 

まず有料席から説明します。

 

花火大会で有料席とかあるの?

はい。

私も最初に聞いたときはびっくりしました。

 

だっていままで花火ってタダで見てたから!

 

長岡まつり花火大会では

右岸と左岸と言って

長岡駅側の右岸で見るか、長岡インター側の左岸で見るかを決めます。

 

無料席、フリーエリアはどちら側にもありますが、

右岸は無料席、フリーエリアが端なのに対し

左岸は長生橋と大手橋の間に渡って広く確保してあります。

 

主に打ち上げられる花火が長生橋と大手橋の間なので

左岸の無料席で見ることをおすすめします。

 

大迫力の花火が目の前で打ち上げられます。

 

 

右岸の無料席、フリーエリアからは、ナイアガラ、三尺玉が近くで打ち上げられるので

この2つに限っては大迫力で楽しむことが出来るのが良いポイントです。

 

 

しかし注意してほしいのが無料席は、遅くても14時には来ていないと場所を確保するのが非常に難しくなります。

一緒に見る人が多ければ多いほど早く来て、ブルーシートで場所を取りましょう。

 

当日は9時から無料席が開放され、

開放されるまでに並んでいる人達はダッシュで場所取りをします。

 

1人や2人なら15時に行ってもスペースは見つけられるかもしれませんが

運任せになることを肝に銘じとかなければいけません。

17時を過ぎるともう無料席では、場所を確保できない無料席難民がたくさんいます。

 

一番良いのはお金はかかりますが、やはり有料席で見ることです。

並ぶ必要も、時間をかけて待っている時間も必要ありません。

 

最高の花火が、最高の場所で、最高の思い出になること間違いなしです!

 

むしろ並んでたり待っている時間を考えると、有料席の方がお得だと思うのは私だけでしょうか?

 

長岡花火大会の松岡修造花火

 

 

 

あと考慮しなければならないのが

どんな交通手段で来るか?

 

現地に住んでいる人以外は何かしらの交通機関で来場すると思うのですが、

電車、新幹線で来場される方は右岸をおすすめします。

 

電車、新幹線で来場しお帰りになる方は

長岡駅に戻らなければなりません。

 

在来線はまだしも、新幹線の東京方面行きの最終は22時前です。

 

これを逃すとどこか別の町へ移動してどこかに泊まるしかありません。

近場では大勢の来場者がいるので宿泊先を見つけるのも非常に大変になります。

 

大手橋は22時30まで車両、22時まで歩行通行止め

長生橋は20時45分から歩行者のみ通行可能になります。

今年から変更になったようです。

 

ただし長生橋は左岸から長岡駅に向かう人で溢れかえり

橋を渡りきるだけで20分くらい、それ以上かかります。

 

花火大会を最後まで見れないって結構マイナスです。

最後のほうがスターマインなど盛り上がるからです。

 

東京方面の新幹線に乗車の場合は、通行解除されてから駅にすぐに向かいましょう。

もたもたしていると最終に乗れなくなります。

 

 

車の場合はこれはもう諦めるしかないです。

道路は渋滞で数時間しないとまともに走れません。

 

専用の駐車場に止めているとバスに乗ってそれから歩いて会場に向かうのですが

これがまた大変です。

 

バスを降りてから結構な距離を歩きますし、バスの行列がすごいです。

 

どの道帰りはみんな大変ですが、

最高の花火が見れるので行って後悔は絶対にしません!

 

結論として有料席で観覧することが一番良いです。

 

チケットは開催日の5月から抽選販売を始めるので早めに申し込みをしましょう!

 

ちなみに去年僕は7月31日まで長岡市の窓口で発売されているチケットを31日に購入しました。

椅子席しかありませんでしたがお金を払ってでも見る価値はあり、とても満足しています。

 

今年は無料席でとても綺麗な花火を見ることができましたが、有料席は格別です。



 

 

死ぬまでに一度は行ってみたい花火大会ランキング1位

 

詳しくはリンクから見ていただけるのですが、

花火を見るために1泊以上したことのある方々を対象に878人名の方からアンケートをとって調査したところ

2位の大曲の花火大会と僅差で

長岡まつり花火大会が1位に輝きました。

 

僕だけじゃなく多くの方がそう思っていていろんな意味で良かった。笑

やはり最高の花火大会であると思います。

全国の花火大会を網羅する最大のサイト「花火大会2018」
死ぬまでに一度は行ってみたい花火大会ランキング

このサイトは日本で行われる花火大会を日程や詳細など必要な情報はほぼ網羅しているのでとても便利なサイトです!

 

 

長岡まつり大花火大会の見所

 

打ち上げ数2万発

来場者数は100万人以上

毎年恒例の信濃川河川敷で行われ、旅行会社でもツアーが組まれるほど。

 

そんな長岡まつり大花火大会の見所は

スケールの大きさです。

2キロメートルにわたり花火が打ち上げられる様は、視界に入りきりません。

 

長岡まつり花火大会のナイアガラの滝

 

長生橋と大手大橋からのナイアガラ

こんな大きな花火見たことがないほど大きい正三尺玉

しっとりした音楽にのせてのスターマイン米百俵花火・100連発

そして復興祈願花火フェニックス

 

いまのところ僕が見てきた中で一番の花火大会です。

 

最高の花火

 

技術の先に感動があるのではなく、

感動の中に技術があります。

 

その場にいた人

自分の目で見た人にしかわからない感動があります。

 

日本一感動する泣ける花火

 

まさか

 

まさか花火を見て涙するなんて

はじめて行った時は思いもしませんでした。

 

是非みなさんも一度は長岡まつり花火大会に行ってみてください。

 

行って良かった!

必ずそう思います!



 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です